FC2ブログ

Article

        

大樹の散歩道

2018/ 09/ 19
                 



一年程前、仕事の取材で山に行った。
取材も終わって、帰りのバスの時刻を確認するとあと一時間ほど時間がある。
折角なので、近くの山を散策することにした。
茶屋に置いてあった観光案内を見てみると
「大樹の散歩道」なんて名前の散歩道が有るようだった。
散歩道の出口がバス停の近くだし、丁度良いので行ってみることにした。

散歩道の入口は、道の脇に手描きの標識が立っているだけで寂れた感じ
しかも入ってみると「散歩道」とは名ばかりで、結構な山道を登ったり
道もないような所を歩いたりで、かなりキツイ。
20分程登り続けた頃、唐突に道が終わった。
金網が敷かれていて道が塞がっている。
ここまで来て引き返すのか?脱力して金網に近づくと
ちょっと離れた所に扉が切ってある。
扉は鍵をかける部分に針金が2~3回巻きつけてあるだけの状態。

- 通っちゃおう -

その針金の鍵を外して、更に山道を進む。
通った先は、苔むした大木が点在していて
成るほど大樹の散歩道という風情で気分が良い。
そして道が下りに差し掛かった頃…
道から外れたところにある木にテープが巻きついている。

何気なく近づいてみると、それは
警察が現場保護のために張る黄色いテープだった…
明らかにある一角を囲うように張られている。

金網、封鎖、山道、道の外れに有るここは…

そこまで考えると、急に寒気がして一目散に山道を駆け下りた。
途中にやはり金網が張ってあったが、入口同様簡単に鍵は外せた。
出口は今は使われていない施設(恐らく学校)の裏手につながっていた。

何とも言えない後味の悪さを感じたまま、
バス停近くの酒屋に入る。
店先でビール飲んでいると、酒屋のオヤジさんも出てきて世間話になった。
気になってさっきの散歩道について聞いてみたが、つまらん散歩道だと言う。
とぼけてるのかと思って、
勾配のきつい山道、金網、そして現場保護用の黄色いテープ
話をしているうちにオヤジさんプイと店の奥にいってしまうと
白い徳利を持って戻ってきた。
コップに酒を注いで勧めてくるので、仕方なく飲んだんだけど
そのオヤジさんの顔、さっきまでと違って硬い表情だった。
そうこうしているうちにバスが来たので、酒のお礼を言って
そのまま帰ったんだけど、
酒屋の前を通りすぎる瞬間もオヤジさんの表情はずっと硬いままだった。



関連記事
                         
                                  

コメント